FC2ブログ

プロフィール

KTM東海

Author:KTM東海
〒511-0007三重県桑名市参宮通20
TEL:0594-84-6363
URL:http://www.ktm-tokai.jp/
営業時間:9:30~19:00 月曜定休

オーストリアの2輪メーカーKTMの正規ディーラー。STREETMODELからOFFROADMODELまで、全車種取扱いがございます。


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム


Ready to Ride!


いつでもどこでも♪  Ready to Ride!

QR

皆さんこんにちは!
ワッキーこと西脇です。

今回は先日のディーラー試乗会で試乗してきました890DUKE Rのインプレを載せていきます。

感じたこと体感したことを精一杯お伝えしていきます。
温かい目で見て頂ければ幸いです。

さて皆さん890DUKE R ご存知でしょうか?
890DUKE R は790DUKEが持つ軽快性、多用途性、および楽しさに対するKTMのこだわりから、790DUKEのパフォーマンスを新たなレベルに引き上げるというKTMの情熱から誕生しました。
2019年のEICMで発表されました注目度溢れる車体です。
自分もEICMで発表されたときは「どんな車両なんだ!!」と凄い注目しました!
PHO_BIKE_90_RE_890DUKE-MY20-PHO-BIKE-90-RE_#SALL_#AEPI_#V2
890DUKE R 、何が変わったんだ? 排気量だけ変わったのか? 気になります...
大きなところを上げると6点
1..排気量が790から890にUP。
2.フロントフォークが WP APEX に変更されダンピング、コンプレッション、ダンピングの調整が可能に。
3.リアサスペンションも WP APEX に変更され高速及び低速のコンプレッション設定、リバウンド調整が可能に。
4.Brembo、モノブロックキャリパー,MCSマスターシリンダーに変更 1.2kgの軽量化
5.純正でミシュラン POWER CUP Ⅱ hypersportタイヤの装着
6.シート高が790DUKEよりも高くなりフットペグも変更 スポーティーなポジションに

サスペンションとブレーキ関連、純正装着タイヤがRらしさを強調しますね。
大まかな部分を上げましたが変更点調べていくと多い!!
調べると益々現車が気になりますね!
PHO_BIKE_DET_890DUKER-MY20-Rear-Shock-Pho-Bike-Det_#SALL_#AEPI_#V1
PHO_BIKE_DET_890DUKER-MY20-Front-Fork-Pho-Bike-Det_#SALL_#AEPI_#V1
PHO_BIKE_DET_890DUKER-MY20-Tires-Pho-Bike-Det_#SALL_#AEPI_#V2
PHO_BIKE_DET_890DUKER-MY20-Brakes-Pho-Bike-Det_#SALL_#AEPI_#V1

いざサーキット試乗です
S__21749766.jpg

身長172CM(股下75CM)の自分ですが足付きは問題なし
ポジションはそこまで変わらない?と思いましたがフットペグが変わったこともありニーグリップがしやすい
ハンドルポジションも少し前になった?
乗車姿勢はすごいしっくりくる印象でネイキッドモデルの楽な姿勢。

トラックモードでアクセルを開けてゆっくり行きましたが...
開けた時のトルク感、スピードの乗り方がパワフル!!
どんどん速度が上がっていくのがわかりました。
速すぎてビビりました。

コーナーはいる手前ブレーキを掛けましたが効きすぎ!!
握りすぎてしまってたようで、ビックリしました...
後で気づいたのですがレバーのストロークが短くなっていました。
少しの握りで減速出来るのは驚きました。

コーナー時はタイヤとサスペンションのお陰で安定したコーナリング。
乗車位置が高くなったことでコーナーの切り替えしや車体を倒す際とても楽。
サスペンションは柔らか過ぎず、硬すぎず、スムーズな動作。
柔軟でしっかりしてる為コーナー時とても安心して走れました。

足周りが変更されガラッと印象が変わりスポーツ走行向きになったと感じました。

クイックシフター(オプション)が搭載されており、ホームストレートでギアを上げるときは快感でした。
気持ちいいほど素直にギアが入るので素早いギアチェンジが出来きます。
890DUKE R のお陰で安定した走りが出来、後半は楽しんで走ってしまいました(。-_-。)

途中モードを切り替え走りましたがマイルドなレスポンスとパワーがしっかり抑制されて公道でも乗りやすい車両です!

試乗車、展示車を是非楽しみにお待ちください。
今回の【おうちでメンテ】は、タンクの外し方とプラグの交換をぜひ!とお客様からリクエストを頂きましたので、
それにお応えして【おうちでメンテ】2ストプラグ交換編です。

2ストのバイクは、「プラグがかぶる」ということがよく起こります。
レース会場や交換にあまり時間がかけれない状況のときは、タンクとシュラウドの隙間から手を突っ込んで交換する!
って人も多いと思いますが・・・

BOSSは、タンクを外してプラグを交換することを推奨します。
なぜならBOSSは手が大きいから!ということもありますがw
タンクの外し方をしっかりマスターすれば、プラグ交換のためにタンクを外すことも怖くない!です!
ので、今回、【おうちでメンテ】でマスターしましょう♪

まず、シートを外します。
IMG_5058.jpg

BOSSが使ってる工具はこれ↓
IMG_5025.jpg
先がこうなってる工具です。
IMG_5026.jpg
Tレンでもいいんですが、これだと外したボルトが先端にくっついてくるので、便利なんです♪

シートを外したら、タンクを外していきます。
真ん中のここ↓外します。
IMG_5061.jpg

IMG_5064.jpg

次に、シュラウドのとこ4か所、外していきます。
IMG_5112.jpg
左右2か所づつです。

次に、タンクのカプラーを外します。抜くだけ。
IMG_5070.jpg

ここまで来たら、もう少しです。
燃料ホースを外します。
ここで使うのが、新車納車時に付属品でついてくるこのパーツです↓
IMG_5073.jpg
なんだこれ?と思っていた方、ここで使うんです!!

ここと↓
IMG_5074.jpg

ここにつけます↓
IMG_5077.jpg

ガソリンが漏れてくるので、タオルなどを敷いておきましょう。

終わったら、シュラウドを広げながらタンクを外します。

IMG_5160.jpg
この↑ホース忘れずに抜きましょうね。

IMG_5084.jpg
タンクが外れて、BOSSもご機嫌w

では、プラグを交換していきます。
まずは、プラグキャップをとります。
IMG_5087.jpg

上から引っ張るよりも、下から押したほうが簡単に取れますよ。
IMG_5088.jpg

プラグ出てきました~
IMG_5090.jpg

プラグを取るときは、車載工具のこれ↓か、モーションプロのこれ↓を使ってます。
IMG_5029.jpg

IMG_5094.jpg

プラグについてるゴムを外して、新しいプラグと交換です。

プラグのネジのところに、カッパーグリスを塗っておきましょう。
S__105963523.jpg

KTM東海では、「MOTOREX COPPER PASTE」を使用してます。
1_151977071455823500_m_eggot.jpg
腐食やサビ防止にはもちろん、正しいトルク値で締めるためにも、塗ることをオススメします。

そう。

新しいプラグをつける前に、まわりの配線類はスッキリまとめておくと作業もしやすいです。
タンクをはめるときにも挟んだりしません。
IMG_5097.jpg
こんな感じでスッキリ。

プラグキャップもしっかりカチッというまで押し込みましょう。
IMG_5086.jpg

そしたら、先ほどいろいろ外した順番と逆に、いろいろを戻していきます。

タンク載せる↓
IMG_5102.jpg
タンク側のくぼみと車体側の丸いゴムがしっかり合うように。

IMG_5106.jpg
上から見たときに、この穴の真ん中にちゃんと芯がはまってるようにしましょう。

燃料ホースを取り付ける↓
IMG_5109.jpg

シュラウドとタンクを留める↓
IMG_5111.jpg

この時に、ボルトを間違えないようにしてください。
タンク上部中央のボルトとシュラウドを留めるボルトは長さが同じですが、中央のボルトは切り込みが入ってます。
IMG_5115.jpg
これ↑

IMG_5117.jpg

IMG_5118.jpg
規定トルク値で!

シートをつける↓
IMG_5120.jpg
先端の丸いところとその少しした両脇の溝をはめて、前に押します。

IMG_5121.jpg
しっかりつけましょう。
シート後ろのボルトも忘れずに!
前のホースもちゃんと差しましょう!

これでプラグ交換が完了しました。
流れさえ覚えてしまえば、なにも難しいことはありませんよ!
タンクを外さずにもできますが、いい機会なのでタンク外しにも挑戦してみましょう♪

YouTubeでも動画をアップしてます。
【おうちでメンテ】BOSSの2ストオイル交換

こちらもぜひご覧ください!

また次回もお楽しみに~♪
こんにちは!

今日はビッグなお知らせでございます(^O^)

KTMのサスペンションと言えば【WP】ですよね!
WPは世界でも有数の高級サスペンションメーカーとして有名です!
KTMとWPはとっても深い関係にあって、DUKEシリーズからアドベンチャー、エンデューロ、モトクロスまで
専用セッティングされたサスペンションを標準装備しております。

そんなWPにはさらにハイグレードなサスペンションがあるのをご存じですか?
WPの持つ全ての知識と情熱を詰め込んだ最高級サスペンションがあるんです!!
KTM東海ではそんな【WP PRO COMPONENTS】の取扱いを開始致します('◇')ゞ
images_20200620103808a10.jpg


WP PRO COMPONENTSにはどんな物があって、価格はいくらで、自分の車両に適合するの?KTM以外は無いの?
そんな疑問が沢山あると思いますので、これから徐々に紹介していきますね!

まずは第一弾としてエンデューロモデル【EXCシリーズ】用の『XPLOR PRO』サスペンションが届きました!!!
12175928693892.jpg

早速試乗車に組み込んでみましたが、もう『段違い』の一言です...。
まだ跨った程度ですが、それ程違いが分かります。
柔らかいのに腰砕けがなく、スーパースムーズに入って、ダンパーでグッと踏ん張ってくれるサスペンションは
衝撃的な感触でした。
『これがWPの本気か...。』
と溜め息が出てしまいます...。
12175928711501.jpg


店頭に展示しておりますので、是非体感してみて下さい!
また7/5には【いなべMSL】にてオフロード試乗会を行う予定ですので、その時にも持っていきますね(^O^)

まだまだ情報も少ないですが、KTM東海は本気で【WP PRO COMPONENTS】と向き合っていきますので、
興味がある方は是非ご連絡下さい!
12175999228671.jpg


次回は790DUKE用が紹介出来るかなと思います(^-^)
もちろん他メーカー車もお気軽にご相談下さい♬
ハイ、お待たせしました!
4ストに続いて、【おうちでメンテ】2ストオイル交換編です。

2ストはオイルフィルターもなく、4ストよりも手順は簡単です。
でも、やはり、丁寧にしっかりと行うってことには変わりなし!

ということで、BOSSの動画とともに、今回もお届けします。


まずは暖機。エンジンが温まったか確認してますBOSS。
IMG_4587.jpg

暖機終わったら、ここから↓オイル抜きます。
IMG_4588.jpg

IMG_4589.jpg

ここにもマグネット入ってます。鉄粉とか汚れついてますので、キレイにしましょう。
IMG_4590.jpg

オーリングも交換です。
IMG_4591.jpg

抜けたオイル、白濁してますね・・・水が入ったかな。
IMG_4592.jpg

終わったら、しっかりと規定トルクで締めましょう。
IMG_4594.jpg


では、新しいオイルを入れていきます。
IMG_4595.jpg
このバイクの場合は、800cc。2ストも4ストもオイル入れるとこはいっしょです。

KTM東海では純正のMOTOREX TOPSPEED 4Tを使用しています。
TOPSPEED 4T

S__98779138.jpg

オーナーズマニュアルにも載ってます。
ちなみに・・・オーナーズマニュアルで推奨となっているMOTOREX製品は、KTM東海で購入可能です。
S__98779139.jpg
最後のほうのページ「ケミカル類」ってとこにまとめて載ってます。

以前にご紹介した、エアクリーナーの洗浄剤とか、ご希望のものがございましたらお気軽にご注文ください。
S__98779141.jpg


ハイ、では、作業に戻ります。
IMG_4596.jpg

オイルを入れたら・・・オイル量を点検します。
バイクを水平にして・・・
この、ドライバーが突っ込んであるとこ↓
IMG_4597.jpg

ここのスクリューを外します。
IMG_4599.jpg

外して、オイルを出します。多すぎると出てきます。
逆に、出てこなかったら少ないです。
IMG_4600.jpg

規定量を入れて、ここから抜きます。
抜けきれてない分もあるので、規定量入れたら、多いんです。
だから、余分を抜いて、規定量にします。出なくなるまで待ってください。

多いと・・・
クラッチに影響が出たり、オイルが逆流してエアクリーナーに入ってしまったりします。
なので、この作業はちゃんとしましょう。
してない方、多いんじゃないですか?!やってますか?!

最後は、オイルを拭いたりして、キレイにしましょうね!
IMG_4602.jpg

お客様から、「毎回楽しみにしてます!」って声を頂きました♪
嬉しすぎて、BOSSもわたしも次は何にしようかな~??といろいろアイデアを出してみてます。
お楽しみにしててください(´ω`人)

YouTube動画はこちら↓
【BOSSの2ストオイル交換】
週末です!
今週も【おうちでメンテ】お届けします♪

今回は【おうちでメンテ】4ストオイル交換編

オイル交換なんてお手の物だ!という方も、もう一度復習を兼ねて、BOSSの動画見てみてくださいね。


まず、エンジンが冷えてる場合は、暖機します。
IMG_4541.jpg

暖機が終わったら、スキッドプレートを外します
IMG_4544.jpg

古いオイルを入れるトレーや、ウエス、パーツクリーナーなど、必要なものは近くに準備しておきましょう
IMG_4545.jpg

では、オイル抜いていきます。

まず、ここ↓
IMG_4546.jpg

オイルは後ろに出ますよ。気を付けてください。
IMG_4547.jpg

ここにはオーリングとマグネットがついてます。
このマグネットに鉄粉とか汚れがついてますので、キレイにします。
IMG_4548.jpg


次はここ↓
IMG_4551.jpg
ここにストレーナーが入ってるので、取ります

IMG_4554.jpg
これにも鉄粉がついてるので、キレイにしましょう。
キレイにしたらエアブローして、オイルが抜けたら戻します。

IMG_4556.jpg
そのまま手で戻そうとしても、斜めに入ったりしてうまく入れれないので、
長い棒(写真のような工具など)に入れてはめるとうまくいきます。


IMG_4558.jpg

終わったら、さっきキレイにしたマグネットとオーリングをもどしましょう。
もちろん規定のトルク値で締めていきます。

BOSSが使ってるのはこれ↓
モーションプロのアジャスタブルトルクレンチアダプター
IMG_4559.jpg

直角にセットして、
IMG_4560.jpg

こう使います。
IMG_4561.jpg

ここもちゃんとトルク値で締めましょう。
IMG_4562.jpg

次はここ↓
IMG_4563.jpg

フタを外すと、オイルフィルターが入ってます。
サークリッププライヤーで外すといいです。
IMG_4565.jpg

ハイ、取れました。汚れてますね~。
IMG_4566.jpg

ふたのオーリングも換えましょう。
IMG_4567.jpg

新品のオイルフィルターはこんなにキレイw
IMG_4568.jpg

入れる前に、オイルを染み込ませておきましょう
IMG_4570.jpg

これくらい↓
IMG_4571.jpg

染み込ませたら、入れて、素早く!ふたを取り付けます。
IMG_4573.jpg

それでは、新しいオイルを入れましょう。
このバイクの場合、1リットルです。
IMG_4575.jpg

IMG_4576.jpg

入れたら、しっかりキャップを閉めて、オイル量を確認しましょう。
その時に、いっしょに不具合とかないか確認です。
IMG_4577.jpg

オイル量はこの小窓で確認!
バイクを水平にして、ここの小窓におさまっていたらOKです。

IMG_4578.jpg

オイル交換はご自身で行っている方も多いと思います。
自分のバイクの状態を知るためにも、しっかり丁寧に行いましょう!

では、次回もお楽しみに!
2ストバージョンも只今製作中です♪

YouTube動画はこちら↓
BOSSの4ストオイル交換編

 | ホーム |  前のページ»»